格安のバーチャルオフィスの選び方

格安のバーチャルオフィスの選び方について

格安のバーチャルオフィスの選び方 オフィスを借りるには、かなりのコストが掛かりますが、顧客との社会的な信頼関係を築くという観点から見れば、高コストになったとしてもオフィスは必要と言えます。そこで、低コストで社会的信頼性を保てる折衷案として、バーチャルオフィスが脚光を浴びています。
低コストでの利用が出来、借りるには余りにも手の届かない都心の一等地等でも、オフィスを構える事が可能だからです。また、住所等を名刺に入れる事も出来る為、商談等を進めやすいと言えるでしょう。さて、この様なバーチャルオフィスは格安と言っても、様々な価格帯があります。しかし安ければそれで良い訳では無く、格安で尚且つ、納得のいく所でなければなりません。ではその選び方を、幾つかここに紹介します。
一つ目は、当該業界に特化しているかを確認します。
つまり特化しているという事は、サービスに力を入れているという事であり、出来る限りのコスト削減をしていると考えられます。これは企業のWebサイトの企業概要を調べてみれば、直ぐに分かる筈です。
二つ目は、不要なサービスがある所は選択肢から外しましょう。
例えば、日本国内のみで展開しているビジネスの場合、多言語を話せる電話受付・窓口対応をするスタッフは必要ありません。この様なスタッフを雇う人件費は高くなりがちですから、必然として利用料も高くなる傾向にあります。この場合、ビジネスの海外への拡張が決まってから、利用を考えれば良いでしょう。
三つ目は、ビルの外装や会議室が古かったり、修繕がなされていなかったりしないかもチェックしておきます。
これは顧客から不信感を抱かせないという意味では、重要なポイントと言えるでしょう。

バーチャルオフィスを利用して格安予算で起業

バーチャルオフィスを利用して格安予算で起業 起業をしたいと思い立った時、必要になるのはお金です。何故かというと起業するにあたって事務所を構えなくてはなりません。そうなると事務所の家賃や敷金に礼金などの初期費用が必要になってきます。また事務所の室内に置くデスクや書庫や応接セット、複合機やその他のオフィス家具類なども多数用意しなくてはなりません。それにはとても多くのお金が必要になりますので会社を始めるための費用は幾らあっても足りない程です。
その初期費用を格安予算に抑える事が出来るのがバーチャルオフィスです。バーチャルオフィスは格安で事務所の住所利用やFAXの利用が出来たり、郵便物の受け取り代行などを行ってくれるサービスの事を言います。これならば初期費用はバーチャルオフィスとの契約費用だけで済むので、莫大な起業資金を集める必要はなくなります。オプションで電話番をしてくれる秘書を雇う事が出来たり、ミーティングルームの貸し出しをしてくれたり、個室を貸し切ってそこで業務を行う事も出来ます。
事務所を不動産で契約すると敷金や礼金などの初期費用がかかりますが、バーチャルオフィスでは初期費用を無料にしてくれているサービスの良い会社もあります。
また、東京の青山や表参道、その他おしゃれな街に事務所の住所を置く事が出来たりとするので憧れの街の住所での会社起こしも夢ではありません。毎月かかる費用は数千円からの所が多いので、会社を始めたい人にはとても助かるサービスです。

おすすめバーチャルオフィス関連リンク

銀行の新規口座開設や会社登録も可能です。

バーチャルオフィスはこちら