メゾネットタイプの部屋の魅力

バーチャルオフィスによる設計と二階建ての利点

バーチャルオフィスによる設計と二階建ての利点 みずからビジネスを起こすという人が、最初に考える課題の一つがオフィスの問題です。
選択肢は大きく3つに分かれます。
自宅を事務所と兼用する、賃貸オフィスを契約する、バーチャルオフィスを借りるの3つです。
コスト面で最も安く収まるのが自宅兼用であることは言うまでもありません。
ただし、金融機関や顧客からの信用度の視点で考えますと、自宅で企業というのは難があることとなります。
賃貸オフィスを借りるとなると、契約時に敷金、礼金、保証金などを支払い、毎月、家賃を支払う必要があります。
この費用負担は、新しく立ち上げたばかりの会社にとっては、非常に負担の大きいものとなります。
それ以外にも、水道光熱費、固定電話、消耗品費、OA機器のリース代など、雑多な費用が立ちはだかってきます。
その点、バーチャルオフィスは、オフィスの運営にかかる多額の経費を大胆にカットすることが可能です。
バーチャルオフィスは、物理的なスペースが前提となっていない形のオフィス形態です。
二階建てにすることによって、さらに効率的な運用が可能となります。
二階建てのバーチャルオフィスの事例は実に多く見られます。

バーチャルオフィスを倉庫用として使うというメリットとは

バーチャルオフィスを倉庫用として使うというメリットとは バーチャルオフィスを倉庫用として使う上でのメリットは、二つあります。
一つは、一時的に補完するためです。
たとえば、企業が遠い地方で物産展を開きたいと考えます。
その上で商品を保管する倉庫は必要です。
かといってわざわざそのためだけに倉庫用の場所を購入するわけにはいきません。
また、購入となるとその土地の維持費もかかります。
そうならない為にも、バーチャルオフィスが存在します。
バーチャルオフィスであればわざわざ買う必要もないので、低価格で抑えられ、なにより、借りる形なので維持費もかかりません。
物産展が終われば倉庫用として使用した場所は返すだけでいいので、購入よりもはるかに利点があります。
二つめとして、単純に保管としての利点です。
上記と類似しますが、基本賃貸料を払えばいいので維持費や土地のお金などといったことは考える必要がありません。
部屋を倉庫用としてお借りする形なので、難しく考えることはありません。
バーチャルオフィスを使う上では購入よりも大きな利点があることがわかります。